グリオーマ悪性度分類はMRIテクスチャ解析のみで可能:脳腫瘍画像診断界の「アルファー碁」か

公開日:

2018年9月12日  

最終更新日:

2018年10月11日

【背景】

テクスチャ解析(TA)とはヒトに視認不可能なレベルの画像パターンを評価する手法であり,近年は腫瘍の不均一性に注目し臨床応用する試みがなされている.本稿は病理診断され,治療前に3T MRI撮影をされた,腫瘍サイズ>1cmのグリオーマ患者94症例を対象に,TAを用いたグリオーマ悪性度分類の精度を検証した後ろ向き研究である.解析にはTexRADソフトウェアを用い,画像特徴量の抽出範囲は半径0〜6mmの空間スケール因子(SSF)で規定した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する