脳梁離断によるドロップアタックの完全消失は55%: 58シリーズ(1,742例)のメタ解析から

公開日:

2018年10月29日  

最終更新日:

2018年11月2日

【背景】

脳梁離断手術の二次性全般性てんかん,特にドロップアタック(転倒発作)に対する有用性が数多く報告されているが,50例以下のケースシリーズが大部分で,てんかん発作の完全消失率やその予測因子に関しては不明であった.Wisconsin大学のChanらは10例以上の報告シリーズ,12ヵ月以上の経過観察期間などを条件に58シリーズを抽出してメタ解析した.解析対象患者数1,742例.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する