頭部CTで予測可能な骨粗鬆症はクモ膜下出血後水頭症のリスク要因か?

公開日:

2018年11月27日  

最終更新日:

2018年11月28日

【背景】

クモ膜顆粒における髄液の静脈血への移行障害がクモ膜出血後の水頭症の原因と考えられている.ソウル漢陽大学校のHanらは,骨基質とクモ膜顆粒が共にタイプ1コラーゲンを主要な構成要素としている点に注目し(文献1,2),頭蓋骨の骨密度とシャント依存性水頭症の関係を検討した.骨密度は頭部CTにおける前頭骨のHounsfield units(HU)を代理とした.クモ膜下出血でクリッピング手術を受けた患者(14日以上生存)の頭蓋骨をHUに基づいて正常,骨塩量減少,骨粗鬆症の3群に分けた.N=47


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する