Regorafenibは再発膠芽腫のOSを延長する:REGOMA試験の結果

公開日:

2018年12月13日  

最終更新日:

2019年1月4日

【背景】

本研究はイタリアで実施された再発膠芽腫に対する経口マルチキナーゼ阻害剤regorafenibの効果を検証した第2相オープンラベルRCT(REGOMA)である.実薬コントロールはlomustine.対象は,イタリア国内10施設における119症例(regorafenib投与群;n=59,lomustine投与群;n=60).主要評価項目はITT解析での全生存期間.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する