80歳以上でも急性期脳梗塞対する血栓除去治療は有効か

公開日:

2019年4月26日  

最終更新日:

2019年4月27日

【背景】

現在,急性期の脳主幹動脈近位部梗塞に対する血栓除去手術は標準治療となっているが,80歳以上,さらには90歳以上の患者でもそうなのか,フィラデルフィアのAndrewsらは,トーマス・ジェファソン大学で過去8年間に血管内血栓除去手術が行なわれた403例を,80歳未満(平均60.7 ± 13.5歳)(n=303,75.2%),80~90歳(平均84.1 ± 2.8歳)(n=86,21.3%),91歳以上(平均93.1± 3.7歳)(n=143.5%)の3群に分けて,後方視的に解析した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する