未破裂動脈瘤に対する新型フローダイバーターステントDerivoの安全性と有効性

公開日:

2019年4月26日  

最終更新日:

2019年5月28日

【背景】

頭蓋内動脈瘤に対するPipelineを初めとするフローダイバーターデバイス(FDD)は,内頸動脈近位部の大型の広頸動脈瘤をから始まり,最近は小型の広頸動脈瘤に対してもその適応を広げている(FDA,2019年2月).しかし,血栓塞栓性の合併症,透視下での視認性の不良,血管屈曲部位での展開の問題などが指摘されてきた.これを克服するために,様々な第2世代FDDの導入が進んできた.DERIVOデバイス (DED;Acandis,Germany)もそのひとつで,ニチノール合金ワイヤーを用いており,柔軟性の向上,リシースニンング機能,抗血栓作用を有するBlueXideによるコーティング,視認性の向上という特徴を備えている.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する