マイクロブリーズがいっぱいある脳梗塞患者の二次予防に抗血栓治療は適切か:38報20,322人のプール解析

公開日:

2019年6月10日  

最終更新日:

2019年6月14日

【背景】

脳マイクロブリーズは脳卒中のリスク因子であるが,最近に脳梗塞やTIAを起こした患者に抗血栓剤を投与していた場合に,症候性頭蓋内出血リスクが症候性脳梗塞再発リスクを上回るのか,特に,脳出血リスクにマイクロブリーズの数や部位が及ぼすかどうかは,脳卒中を取り扱う臨床家にとっては重大な関心である.また,マイクロブリーズが多発している患者に対する抗血栓剤の投与は適切なのか.本研究は,過去に発表された38コホートの患者個別情報のプール解析で,その問いに答えようとしたものである.対象は20,322人(35,225人・年),平均年齢は70歳,マイクロブリーズは28%に認められ,38%が抗凝固剤を,57%が抗血小板剤のみを服用し,5.2%がいずれも服用していなかった.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する