脳外科レジデントの うつや燃え尽き予防に強度・忍耐エクササイズは有効か?:サウスカロナイナ大学の経験

公開日:

2019年7月29日  

最終更新日:

2019年10月1日

【背景】

米国では,レジデントの死因の2位は自殺で,燃え尽きやうつはレジデントの約半数が経験し,精神的不健康は不十分な患者ケアの要因でもある.このため,米国卒後医学教育認定委員会はレジデント共通プログラムに,レジデント自らが幸福感の維持のための習慣やセルフケアのスキルを学ぶ手段を提供することを求めている.サウスカロナイナ医科大学(MUSC)脳外科では,この主旨に沿って,レジデントのための“La Sierra”という総合ウェルネスプログラムを開始した.このプログラムにより,隔週の運動,食事,節酒,精神衛生のレクチャーと週1時間のチーム単位での強度・忍耐エクササイズがレジデントプログラムに組み込まれた.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する