強化降圧治療は脳基底核出血の増大リスクを抑えるが,視床出血の増大リスクを抑えない

公開日:

2019年8月2日  

最終更新日:

2019年10月1日

【背景】

エール大学のLeasureらは,強化降圧治療が,深部脳内出血の血腫増大を防ぎ,機能予後を改善させるかについて,日韓中を含む国際共同RCT(Antihypertensive Treatment of Acute ICH-2:ATACH-2)のデータベースに基づいて探索解析を行った.非適切症例を除く深部脳内出血780例が検討対象となった.標準治療群の375例では発症から2時間以内に収縮期圧を140~179mmHgに低下させ,強化降圧群の405例では110~139mmHgに低下させた.444例が基底核出血で,336例が視床出血.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する