頭蓋内測定の代用マーカーの感度と特異度

公開日:

2019年8月2日  

最終更新日:

2019年10月1日

【背景】

頭蓋内圧(ICP)亢進症に対してはICPモニターを用いた20 mmHg以下での管理が強く推奨されるが,脳外科医不在や医療資源に乏しい施設では現実的でない.
本稿は「身体所見」「頭部CT」「眼球エコー検査での視神経鞘径(optic nerve sheath diameter, ONSD」「経頭蓋ドプラ- pulsatility index(TCD-PI)」のICP亢進の識別能を検証したシステマティック・レビューである.
対象は40研究報告(5,123症例,≧16歳).ICP亢進の診断は侵襲的ICPモニター≧20 mmHgもしくは術中所見に基づく.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する