AIに10秒間洞調律の心電図を読ませたら,発作性の心房細動を当てる

公開日:

2019年9月30日  

最終更新日:

2019年11月6日

【背景】

心房細動(AF)の多くは無症状であり気付かれていないことが多いが,脳梗塞や心不全の重要な原因の1つである.しかし,AFの約半数を発作性AFが占めるので,AFの検出には時間とコストがかかることが多い.メイヨークリニックのAttiaらは機械学習をさせたAIに洞調律の12誘導デジタル心電図を読ませ,心房細動を検出させた.心電図データセットはトレーニングセット:454,789個(126,526名),内部検証セット:64,340個(18,116名),テストセット:130,802個(36,280名).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する