三叉神経痛患者の20%にオピオイドが投与されている:USA

公開日:

2020年1月6日  

最終更新日:

2020年1月8日

【背景】

医療用オピオイドの過剰な投与は三叉神経痛を不含む顔面痛にも及んでいる.本論文は,ペンシルベニア大学を2006~2013年に受診した顔面痛患者309名(三叉神経痛272,非定型顔面痛18,多発性硬化症による症候性顔面痛19)における受診前のオピオイド投与の実態と,脳外科治療後の変化を求めたものである.全患者のうち55%でカルバマゼピン(CBZ)かオキシカルバマゼピン(OCBZ)が投与されていた.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する