脊髄膠芽腫の病態:米国癌登録(NCD)から

公開日:

2020年1月15日  

最終更新日:

2020年2月13日

【背景】

脊髄GBMは稀な疾患であり,全脊髄腫瘍の約1.5%に過ぎず(文献1).その実態は詳細ではない.MayoクリニックのF. M. Moinuddinらは,米国癌登録データベース(NCDB)から,2004~2014年に登録されたGBMを抽出して,その実態に迫った.103,496例の頭蓋内GBMと190例の脊髄GBMが抽出された.診断時年齢は,脊髄GBM群で低かった(40.9 vs 62.9歳,p=0.0001).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する