椎骨脳底動脈の閉塞に対する血栓除去術は標準薬物治療に対する優位性を示さない,しかし――:中国におけるRCT(BEST)

公開日:

2020年1月27日  

最終更新日:

2020年3月16日

【背景】

前方循環閉塞に対する機械的血栓除去の有効性は確率している(文献1).椎骨脳底動脈系の閉塞に対しても,機械的血栓除去術の有用性が示唆されてきたが,エビデンスレベルは低かった(文献2).本研究は中国28施設で実施されたRCTである(BEST試験).発症8時間以内の血栓除去術が割り当てられた患者は66名,対照は薬物療法割り当て65名.プライマリーエンドポイント(PE)は3ヵ月目の機能良好(mRS≦3).本研究はクロスオーバー患者が多いこと(標準治療割り当て群であるのに,血栓除去手術を受けた患者が14名[22%])と患者登録の遅れのために早期終了された.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する