脊髄髄膜腫の病態:MRI所見と臨床像の相関

公開日:

2020年2月14日  

最終更新日:

2020年3月16日

【背景】

髄膜腫は原発性脊髄腫瘍の中では神経鞘腫に次ぐ頻度で24.4~36%を占める.University of IowaのYamaguchiらは,MRI所見との臨床像との相関を求めた.対象は過去6年間に経験した症候性脊髄髄膜腫の53例症例(頭蓋頚椎移行部:13例,C3-7:6例,T1-12:34例).WHO grade 1: 50例,grade 2: 3例.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する