症例数と包括的脳卒中センタースコアがくも膜下出血後の転帰に与える影響:J-ASPECT研究から

公開日:

2020年4月1日  

最終更新日:

2020年5月14日

【背景】

高い症例集積性(ケースボリューム)や包括的脳卒中センターの機能が真に脳卒中診療の質を高めるのか.本邦の脳卒中の前向き登録研究であるJ-ASPECTは,くも膜下出血(SAH)後の転帰(院内死亡か退院時の転帰不良:mRS 3~6)に関して,この問題を検討した.2010~2015年の間に,621登録施設で,27,490例のSAH患者が登録された.68.3%がクリッピングを31.7%がコイリングを受けた.各病院は症例数(ケースボリューム)と包括的脳卒中センター(CSC)スコア(1~25点)で四分位(Q1~G4)に分類された.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する