日本人非弁膜症性心房細動患者における脳梗塞リスク因子の検討:5つの前向き登録研究のプール解析

公開日:

2020年4月29日  

最終更新日:

2020年6月8日

【背景】

非弁膜症性心房細動は脳梗塞の強いリスク因子である(文献1,2).日本ではリスクの層別化にCHADS2(うっ血心不全,高血圧,年齢,糖尿病,脳虚血イベント)スコアが多用されているが,このスコアで取り上げられているリスク因子のすべてが日本人には当てはまるわけではないという報告もある(文献3).本研究は,非弁膜症性心房細動患者に関する日本の5つの前向き登録研究(合計12,289症例,女性31%,平均年齢70歳)のプール解析で,脳梗塞のリスク因子を求めた.追跡は21,820人年(平均追跡期間:649日).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する