本態性振戦に対する集束超音波視床VIM核破壊術の治療成績は術者の経験とともに改善している:国際登録研究

公開日:

2020年8月24日  

最終更新日:

2020年9月2日

【背景】

本態性振戦に対するMRガイド下集束超音波(FUS)による視床VIM核破壊術は徐々に普及しつつあるが,2016年に発表されたRCTでシャム群との比較で明白な差が示され(文献1),FDAの承認に至っている(文献2).本論文の著者らは,このRCT(転換点研究)のうちクロスオーバー群(シャム→実治療)群における振戦の改善が,最初から実治療群のそれに対して優れていること,すなわちラーニングカーブに注目し,この転換点研究とその後行われた治療成績を併せて検討し,治療成績に及ぼす因子を解析した.対象は転換点研究の75症例,ならびにその後転換点研究8施設を含めた18施設で治療した114症例で,合計189症例.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する