米国の脳外科医は他科にくらべて患者苦情が多い:特に若い脳外科医,脊髄専門家がやられやすい

公開日:

2020年9月4日  

最終更新日:

2020年10月16日

【背景】

米国の脳外科医の19%は年に1回の医療過誤訴訟を受け,平均$344,811の損害賠償金を支払っており,医療過誤保険掛金は脳外科医個人にとって非常に大きな負荷となっている.
本研究は,他科と比較した脳外科への患者苦情の頻度,また患者苦情がどのような脳外科医に多いのかを検討したものである.調査には米国の6万人以上の臨床医のデータが登録されている患者苦情データベース(PARS)を用いた.解析期間は2014年1月~2017年12月の4年間で,423人の脳外科医を含む36,265人の臨床医のデータを解析した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する