単純な5項目虚弱評価スコア(mFI-5)が脳腫瘍手術後の死亡率を予測する

公開日:

2020年9月16日  

最終更新日:

2020年10月28日

【背景】

高齢者や癌患者などの虚弱(frailty)の評価には19項目からなるチャールソン併存疾患指数(CCI)や11項目インデックス(mFI-11)が用いられてきたが,大量のデータが必要で,評価項目のオーバーラップも多い.最近,より簡潔な5項目インデックス(mFI-5)が登場し,一般外科や整形外科などで普及しつつあるが(文献1,2,3),脳腫瘍手術での有用性に関しては評価されていない.ジョンズ・ホプキンズ大学脳外科チームはCCI,mFI-11,mFI-5の3つを用いて患者の術前状態を評価し,手術後死亡率との相関を求めた.対象は2017年1月からの2年間に脳腫瘍の手術が実施された1692例で,平均55歳.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する