占拠性病変となった脳梗塞に対する外減圧は有用か:7研究488例のメタアナリシス

公開日:

2021年3月1日  

最終更新日:

2021年5月29日

【背景】

大きな脳梗塞,特に閉塞血管再開通例では病巣が強い浮腫を示し,間脳・脳幹を圧迫し,生命予後が危ぶまれることがある.これに対して減圧手術が行われることがあるが,そのエビデンスは充分ではない.ユトレヒト大学のReininkは文献例のメタアナリシスでその有効性を検証した.対象はPRISMAガイドラインに基づき採用した7個のRCT(6カ国)の488例で,個別患者データを基にメタアナリシスをおこなった.一次アウトカムは発症1年後の良好な機能予後(mRS≦3).