特発性頭蓋内圧亢進症は急速に増加している:英ウェールズにおける住民ベース研究

公開日:

2021年4月16日  

最終更新日:

2021年5月29日

【背景】

特発性頭蓋内圧亢進症(IIH)は明らかな原因なしに脳脊髄圧が上昇する病態(>250 mmH2O)で,良性頭蓋内圧亢進症,偽性脳腫瘍ともよばれ,頭痛,嘔気,視力低下を呈する(文献1).IIHは肥満との関係が強く示唆されているが住民レベルでの疫学データは少ない.本研究はスウォンジー医科大学の神経内科が実施した英ウェールズ(310万人)における住民保険データベースを利用した疫学研究で,2003年から2017年までの3500万人・年のデータを解析した.