小児の高悪性度グリオーマに対する腫瘍融解性単純ヘルペスウィルス:第1相試験

公開日:

2021年4月27日  

最終更新日:

2021年5月29日

【背景】

小児の高悪性度グリオーマはT細胞浸潤が少なく,免疫学的にはサイレントであり,OS中央値は5.6ヵ月に過ぎない(文献1,2).アラバマ大学のチームは腫瘍融解性単純ヘルペスウィルスG207を用いた治療法に関する第1相治験をおこなった.対象は7~18歳で天幕上の再発悪性グリオーマを有する12例(男女同数).腫瘍はすべてIDHワイルドで10例が膠芽腫,1例が退形成性星細胞腫(G3),1例が悪性グリオーマ(NOS).