リウマチ性疾患患者のくも膜下出血の特徴:長崎くも膜下出血レジストリーから

公開日:

2021年5月22日  

最終更新日:

2021年8月30日

【背景】

最近の研究では動脈壁の炎症所見が脳動脈瘤破裂の危険因子であることが示唆されている(文献1).一方,リウマチ性疾患は動脈硬化と脳卒中の促進因子であることも判っている(文献2).本研究は長崎くも膜下出血レジストリーに登録された2001~2018年に発生したくも膜下出血5,066例を対象に,リウマチ性疾患に罹患している102例(2.0%,91例が女性,年齢中央値69.0歳[57.0~75.5])の特徴を検討した.