既存の発作予防薬が効かない片頭痛に対する抗CGRP抗体ガルカネズマブの効果:3b相CONQUER研究

公開日:

2021年6月11日  

最終更新日:

2021年8月30日

【背景】

本研究は2021年に日本でも販売開始になった新規片頭痛治療薬の抗CGRP抗体ガルカネズマブ(エムガルティーⓇ)に対する世界12ヵ国64施設で実施された3b相試験の結果である.エピソード性あるいは慢性の片頭痛を有し,2~4剤の予防薬が効果あるいは忍容性の欠如のため継続できなかった462例を1:1でランダム割り当てし,実薬(ガルカネズマブ,120 mg)か偽薬を月に1回,3ヵ月間皮下注した(初回月は2倍投与).過去に使用されていた予防薬は多い順にトピラマート(約7割),アミトリプチリン(約5割),プロプラノロール,バルプロ酸などであった.