臨床前あるいは前駆期アルツハイマー病患者の予後推定にはtauPETがアミロイドPETやMRIよりも優れている

公開日:

2021年7月31日  

最終更新日:

2021年9月1日

【背景】

アミロイドβ(Aβ)とタウ蛋白は相互に影響をしながらアルツハイマー病(AD)における神経細胞障害を来す.認知症診断におけるAβPETあるいはtauPETの利用が進んでいるが,臨床前あるいは前駆期AD(MCI)患者における意義付けは明らかではない.Lund大学などのチームはスウェーデン,韓国,米国で進行中の前向き多施設研究に登録されている1,431症例の個人データを集めてこの点を検討した.内訳はAβPETか髄液検査でAβが陽性のAD患者315名,Aβ陽性のMCI患者271名(前駆期AD),Aβ陰性のMCI患者172名,Aβ陽性の認知機能正常者271名(臨床前AD),Aβ陰性の認知機能正常者420名.