原発腫瘍毎に脳転移部位に好みがあるのか:973例を基にした局在予測モデルの開発

公開日:

2021年7月31日  

最終更新日:

2021年9月1日

【背景】

担癌患者の20~45%が脳転移を経験するが(文献1),癌腫によって生着・成長に至適な環境が異なっているために,原発腫瘍毎に転移巣の脳内分布が異なっている可能性がある.USCのNemanらは過去20年間にガンマナイフで治療した転移性脳腫瘍のうち主要な5臓器(乳房,大腸,肺,皮膚,腎臓)由来であった973例2,106個の転移巣を基に脳転移局在梯形モデル(RBMEM)と脳局在感受性モデル(BRSM)を作成し,この点を検討した.