先端巨大症治療後のGHとIGF-1の正常化の乖離:メタ解析の結果

Vol.2, No.1, P.2 公開日:

2017年1月19日  

最終更新日:

2018年7月10日

The ongoing challenge of discrepant growth hormone and insulin-like growth factor I results in the evaluation of treated acromegalic patients: a systematic review and meta-analysis.

Author:

Kanakis GA  et al.

Affiliation:

Department of Endocrinology, Athens Naval & VA Hospital, 70 Deinokratous Street, 11521 Athens, Greece.

⇒ PubMedで読む[PMID:27292418]

ジャーナル名:Clin Endocrinol (Oxf).
発行年月:2016 Nov
巻数:85(5)
開始ページ:681

【背景】

先端巨大症治療後に,成長ホルモン(GH)とIGF-1の一方が正常化し,もう一方が正常化しないという乖離現象はしばしば経験する.本稿では1987〜2013年の期間における39編の論文(症例数5,626例)をレビューし,先端巨大症治療後のGHとIGF-1の正常化が乖離する頻度,その乖離に影響を及ぼす因子について検討した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する