McCune-Albright症候群におけるGH過剰症の臨床的特徴と治療

Vol.2, No.1, P.3 公開日:

2017年2月10日  

最終更新日:

2018年7月10日

Clinical characteristics and management of growth hormone excess in patients with McCune-Albright syndrome.

Author:

Yao Y, Liu Y  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, Peking Union Medical College Hospital, Chinese Academy of Medical Science, Peking Union Medical College, Beijing, China.

⇒ PubMedで読む[PMID:28007843]

ジャーナル名:Eur J Endocrinol.
発行年月:2017 Mar
巻数:176(3)
開始ページ:295

【背景】

McCune-Albright症候群は線維性骨異形成,皮膚カフェオレ斑,多発性内分泌疾患(思春期早発症など)を主徴候とするまれな遺伝子疾患である.McCune-Albright症候群において,GH産生下垂体腺腫(GHoma)が合併する頻度は必ずしも高くはないが,頭蓋顔面骨の異形成により腫瘍摘出術は困難とされてきた.本稿ではMcCune-Albright症候群52例を対象とし,合併したGH過剰症の臨床的特徴と外科治療について検討した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する