下垂体腺腫におけるPDL-1の発現

Vol.2, No.2, P.1 公開日:

2017年3月5日  

最終更新日:

2018年5月31日

【背景】

一部の下垂体腺腫は種々の治療に抵抗性で,生命予後すら不良なものがある.種々の腫瘍細胞におけるPD-L1の発現は免疫チェックポイント阻害剤の治療反応性を示唆している.下垂体腺腫を対象にPD-L1 mRNA と蛋白(免疫染色)の発現を検討した(n=48).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する