パシレオチド(PAS)対オクトレオチド(OCT)の一対一試験(in vitro)

Vol.2, No.3, P.10 公開日:

2017年6月2日  

最終更新日:

2018年6月12日

In vitro head-to-head comparison between octreotide and pasireotide in GH-secreting pituitary adenomas.

Author:

Gatto F  et al.

Affiliation:

Department of Inernal Medicine, Division Endocrinology and Pathology, Pituita Center Rotterdam, Erasmus MC, Rotterdam, The Netherlands

⇒ PubMedで読む[PMID:28323931]

ジャーナル名:J Clin Endocrinol Metab.
発行年月:2017 Jun
巻数:102(6)
開始ページ:2009

【背景】

オランダのLambertsらは成長ホルモン(GH)産生下垂体腺腫の一次培養細胞を用いて,パシレオチド(PAS)とオクトレオチド(OCT)のGH分泌抑制効果,また腺腫細胞のソマトスタチンレセプター(SSTR)の発現を検討した(n=33腺腫).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する