異型性下垂体腺腫(atypical pituitary adenoma)の概念はまだ健在

Vol.2, No.3, P.17 公開日:

2017年6月29日  

最終更新日:

2018年6月12日

Atypical pituitary adenoma: a clinicopathologic case series.

Author:

Rutkowski MJ  et al.

Affiliation:

Departments of Neurological Surgery and Neuropathology, California Center for Pituitary Disorders, University of California, San Francisco, California

⇒ PubMedで読む[PMID:28598278]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2018 Apr
巻数:128(4)
開始ページ:1058

【背景】

UCSFのRutkowskiらは,701例の下垂体腺腫の経験を元に,異型性下垂体腺腫の臨床像を検討した.三条件(mitotic index,extensive p53 staining,MIB-1 index ≥ 3%)を満たし,異型性下垂体腺腫と診断されたのは36例(5%)であった.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する