術中MRIは下垂体腺腫手術における腫瘍摘出度の向上に寄与する

公開日:

2017年7月21日  

最終更新日:

2018年7月11日

Analysis of 137 patients who underwent endoscopic transsphenoidal pituitary adenoma resection under high-field intraoperative magnetic resonance imaging navigation.

Author:

Zhang H  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, Chinese PLA General Hospital, Beijing, China

⇒ PubMedで読む[PMID:28434959]

ジャーナル名:World Neurosurg.
発行年月:2017 Aug
巻数:104
開始ページ:802

【背景】

中国のZhangらは術中MRI(1.5T)を用いた,内視鏡下下垂体腺腫摘出術(n=137)について検討した.術中MRIの適応は大きな腫瘍(腫瘍径平均38mm)で,再発腫瘍,海綿静脈洞へ進展した腫瘍,あるいは複雑な形状をした腫瘍などとした.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する