下垂体卒中に対する内視鏡下手術:単一施設での75症例

公開日:

2017年8月30日  

最終更新日:

2018年7月11日

Endoscopic endonasal surgery for pituitary apoplexy: evidences from a 75-cases series from a tertiary care center.

Author:

Zoli M.  et al.

Affiliation:

Centre of Pituitary Tumors and Endoscopic Skull Base Surgery Department of Neurosurgery, IRCCS Scienze Neurologiche di Bologna, Bologna, Italy

⇒ PubMedで読む[PMID:28669873]

ジャーナル名:World Neurosurg.
発行年月:2017 Oct
巻数:106
開始ページ:331

【背景】

1998〜2015年の間に下垂体卒中に対してボローニャ大学で経鼻内視鏡下手術を行った75症例(男:女=47:28)をサマリーして,下垂体卒中の病態,手術成績を明らかにした.経過観察期間は69.3±46.7ヵ月.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する