初期治療後に再増大した非機能性下垂体腺腫のその後

Vol.2, No.5, P.1 公開日:

2017年9月16日  

最終更新日:

2018年7月11日

Outcome of Nonfunctioning Pituitary Adenomas That Regrow After Primary Treatment: A Study From Two Large UK Centers.

Author:

Tampourlou M  et al.

Affiliation:

Institute of Metabolism and Systems Research, College of Medical and Dental Sciences, University of Birmingham, Birmingham, United Kingdom

⇒ PubMedで読む[PMID:28323946]

ジャーナル名:J Clin Endocrinol Metab.
発行年月:2017 Jun
巻数:102(6)
開始ページ:1889

【背景】

非機能性下垂体腺腫(CNFA)の初期治療後に,腫瘍再発・再増大(以下,合わせて再増大と記載)をきたすことは珍しくない.さらに再々増大,再々々増大する症例もあるがその実態は明らかではない.
本稿はイギリスの2つの施設から,初期治療後に再増大をきたしたCNFA 237例の長期成績を示した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する