クッシング病の微少腺腫の検出に造影FLAIRが有効

公開日:

2017年11月12日  

最終更新日:

2018年7月11日

Potential utility of FLAIR in MRI-negative Cushing's disease.

Author:

Chatain GP  et al.

Affiliation:

Neurosurgery Unit for Pituitary and Inheritable Diseases, National Institute of Neurological Diseases and Stroke, National Institutes of Health., Bethesda

⇒ PubMedで読む[PMID:29027863]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2017 Oct
巻数: [Epub ahead of print]
開始ページ:

【背景】

クッシング病において微少腺腫をMRIで検出できるかどうかは,治療成績に大きな影響を及ぼす.これまでconventional MRIに加え,dynamic MRI,volumetric gradient recalled echo(3D-GRE)MRIなどの有用性が報告されてきた(参考文献1).本稿では23例(24病変)のACTH産生下垂体腺腫で,postcontrast 3D-GRE(以下3D-GRE)とpostcontrast FLAIR(造影FLAIR)を撮像し,造影FLAIRの有用性について報告した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する