術後髄液漏の頻度を減らすためにはルーチンワークとして鞍底形成が必要か

公開日:

2018年3月21日  

最終更新日:

2018年7月11日

Identification and repair of intraoperative cerebrospinal fluid leaks in endonasal transsphenoidal pituitary surgery: surgical experience in a series of 1002 patients.

Author:

Strickland BA  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, Keck School of Medicine of USC, 1200 North State St., Ste. 3300, Los Angeles, CA 90089.

⇒ PubMedで読む[PMID:28960156]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2017 Sep
巻数:[Epub ahead of print]
開始ページ:

【背景】

経蝶形骨洞手術(TSS)の合併症の1つである術後髄液漏を予防するために,これまで様々な工夫が報告されてきた.米国Southern California大学のグループは脂肪組織と筋膜を用いたシンプルな鞍底形成の有用性を報告してきたが(文献1),本稿では1,002例という多数例を基に術後髄液漏について後方視的に検討した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する