下垂体部黄色肉芽腫の術前MRI診断は可能か

公開日:

2018年4月16日  

最終更新日:

2018年6月1日

Pituitary xanthogranulomas: clinical features, radiological appearances and post-operative outcomes.

Author:

Ved R  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, University Hospital of Wales, Cardiff, UK

⇒ PubMedで読む[PMID:29363000]

ジャーナル名:Pituitary.
発行年月:2018 Jan
巻数:[Epub ahead of print]
開始ページ:

【背景】

下垂体部黄色肉芽腫の報告は増えているが,いまだにその術前診断は困難である.ウェールズ大学のVedらは,自験の経鼻経蝶形骨洞手術症例295例中で経験した6例(2%)を対象として,画像所見,臨床像等からこの課題に挑戦した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する