MRIにおける下垂体後葉のT1高信号は皆見えるのか

公開日:

2018年4月24日  

最終更新日:

2018年5月31日

Presence of the posterior pituitary bright spot sign on MRI in the general population: a comparison between 1.5 and 3T MRI and between 2D-T1 spin-echo- and 3D-T1 gradient-echo sequences.

Author:

Klyn V  et al.

Affiliation:

Department of Diagnostic and Interventional Neuroradiology, RWTH University Hospital Aachen, Aachen, Germany

⇒ PubMedで読む[PMID:29594809]

ジャーナル名:Pituitary.
発行年月:2018 Mar
巻数: [Epub ahead of print]
開始ページ:

【背景】

Fujisawaらが発見した健常者に認められる下垂体後葉のT1高信号は(文献1),ADHを含む蛋白複合体(vasopressin–neurophysin II-copeptin complex)の貯留を反映しており,中枢性尿崩症患者では消失するため,画像による後葉機能の評価法として周知されてきた.しかし,健常者でもこの後葉高信号が見えない症例がある.その頻度は48%〜2.8%とバラツキが大きく,使用したMRI機種,撮像法,評価法によって大きな違いがある.Aachen大学のKlynらは健常者1017人(女性536人,男性481人)のMRI像を後方視的に検討し,使用機種(磁場強度:1.5T [64.51%] or 3.0T [35.5%]),撮像法(T1-SE echo with slice thickness 3 mm [67.5%] or 3D T1-GE with slice thickness 0.9 mm [32.5%]),年齢,性などの因子と後葉高信号の検出率の関係を検討した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する