非機能性下垂体腺腫における術後下垂体体積は下垂体機能の回復と相関するのか

公開日:

2019年1月30日  

最終更新日:

2019年3月7日

【背景】

非機能性下垂体腺腫において,術前の下垂体機能と相関し,手術後の改善を予測する因子については,これまでも議論されてきたが(文献1,2,3,4),結論を見ていない.Brigham and Women病院のチームは自験の160例(女性47.5%)を基に,この点を検討した.腫瘍径は中央値22.5 mm (IQR:18.0~28.8),術前下垂体体積は中央値0.18 cm³(IQR:0.13~0.28).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する