再発を繰り返すラトケ嚢胞に対するガンマナイフ治療

公開日:

2019年4月15日  

最終更新日:

2019年4月16日

【背景】

ラトケ嚢胞の手術後再発はラトケ嚢胞の再発率は報告によってバラツキが大きいが,これは再発の定義・追跡期間・追跡方法などの違いによるものと考えられる.一方,再手術が必要となる割合は過去の報告でも概ね10%前後とされている(文献1,2).再発例に対する再手術後の再々発は30%近いという報告もある(文献1).North Carolina,Wake Forest Baptist HealthのWestらは,経蝶形骨洞手術(TSS)後の再発ラトケ嚢胞の5例に対してガンマナイフによる治療を行った.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する