下垂体腺腫を下垂体神経内分泌腫瘍(pit-NET)と言い換えることに反対する:世界の内分泌医からの抗議

公開日:

2020年1月27日  

最終更新日:

2020年3月16日

【背景】

下垂体腺腫は,必ずしも腺腫(adenoma)という名前が示すような良性ではなく,浸潤性,転移を示すことがあり,死に至ることもある.また,下垂体ホルモン産生細胞は広い意味で神経内分泌細胞に含まれる.したがって,同じような臨床的多様性を示す,膵臓などに出来る神経内分泌腫瘍(NET)と同じ名称にすべきという提案が,2016年のInternational Pituitary Pathology Club (Annecy,France)で賛成多数で承認され,2017年に報告された(文献1).本論文はこの下垂体神経内分泌腫瘍(pit-NET)とういう概念に対する反論である.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する