経蝶形骨洞手術後の再入院:米国の最近の傾向

公開日:

2020年3月24日  

最終更新日:

2020年4月30日

【背景】

経蝶形骨洞手術後,再入院の頻度とそれと相関する因子はなにか.Barrow Neurological Institute (BNI)のLittleらのチームは米国の全国再入院データベース(NRD)(2010~2015)を用いて検討した.6年間の経蝶形骨洞手術の登録数は44,759件で,4,658(10.4%)名が30日以内に再入院した.この頻度は6年間でほぼ一定であった.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する