下垂体腺腫の硬さのグレーディングシステム(1~5)の開発:UCSFから

公開日:

2020年7月1日  

最終更新日:

2020年8月19日

【背景】

下垂体腺腫の硬さは様々であるが,硬さの評価法が定まっていないので,硬さと臨床像の関係は不明である.UCSF脳外科チームは自験の下垂体腺腫306例(70%が非機能性)を5段階グレードに分類した.定義とその頻度は,Grade 1:嚢胞あるいは出血性(4.9%),Grade 2:柔らかく吸引可能(36.6%),Grade 3:中間の硬さで,部分的に吸引可能(40.8%),Grade4:硬くて,吸引は困難で被膜外摘出が必要(17%),Grade5:非常に硬いか石灰化した腫瘍(0.7%).検者間信頼性評価のために,4人の術者が20症例の手術ビデオを見て,各自でスコアリングした.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する