世界の下垂体手術:最近10年間の変化(2010→2020)

公開日:

2020年9月15日  

最終更新日:

2020年10月16日

【背景】

論文上や学会では過去20年間で下垂体手術が大きく変化したことが想像出来る.
しかし臨床現場の実態はどうなのか.ジョンズ・ホプキンズ大学のKhalafallahらは国際下垂体外科医会(ISPS)を対象に2010年と2020年に行った2回のアンケートで実態に迫った.アンケートの回答は2020年では82施設から得られた(施設の内訳は,US32,UK12,西ヨーロッパ10,東・東南アジア8などであった).
Yes回答の割合(%)を(2010年→2020年)で表記すると下記の結果であった.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する